考古学 · 22日 11月 2017
引き続き、蘇我氏の事について、画業の傍ら調べていました。 蘇我入鹿→蝦夷→馬子→稲目→高麗、そして蘇我満致(そがのまち)まで遡れました。 蘇我満致は、古代朝鮮史に出て来る木満致(もくまち)または木羅満致(もくらまち)と同一人物という説があり、つまり中国の雲南省にも居住している木氏(もくし)一族が蘇我氏の祖先の可能性があります。 木曽義仲という姓名に、木と曽我の両方の字が入っているシンクロニシティを考え合わせてみても、中国では木(ムー)氏と発音される木氏が、蘇我氏の祖先の可能性が高そうです。 木羅満致(もくらまち)の父が、木羅斤資(もくらきんし)です。これ以上は、ネットや事典や本では遡れませんでした。 木羅(もくら)は、中国式の発音では「ムー・ラ」となり、逆読みすると「ラ・ムー(ムーの帝王)」になるところが、何とも興味深いシンクロです。 調べてみると、木氏一族は、「羌(きょう;チャン)族」がルーツのようです。角川の『新字源』によれば、「羌」という字は私の名前にもある「慶」という字の略字のようです。 「羌」は、キョンという鹿の一種でもあります。
考古学 · 20日 11月 2017
先のブログ記事で、木曽義仲の姓名の中に曽我という字が入っていると述べましたが、実に面白いシンクロだと思います。 長野県の阿智村や愛知県の地名のルーツは、もしかしたら阿知使主かも知れません。 また、阿智村からそれ程離れていない愛知県犬山市の明治村のところにある入鹿池は、入鹿六人衆が造成した人工池であり、その名前の由来は入鹿村だそうです。 何故にあのような山の所に入鹿という地名が付くのか、と考えてみると、飛鳥時代の蘇我入鹿を思い出しました。 蘇我入鹿と木曽義仲と、何かつながりがあるかどうかは分かりませんが、曽我氏にはそう言えば謎が多いです。 日本神話で言うと、物部氏の祖先がニギハヤヒ系で、蘇我氏の祖先ががニニギ系なのかもしれません。 入鹿といえば、クリスチャン・ラッセンのイルカの絵を思い出しました。アクリル画で、どうやってあのリアルな透き通った水滴が描けるのか、不思議です。 水滴と言えば、先日の新聞にサザビーズに出品されたダ・ビンチのイエス・キリストの肖像画を見ましたが、左手に水晶玉を持っていました。水晶は竜神を引き寄せるようです。
ニュータウン再生 · 19日 11月 2017
十数年先の将来、私は今住んでいる近代的な車のサイズのニュータウンから、中世的で人のサイズである、例えば神戸の北野のようなコンパクトシティへと、移住するかも知れません。 北野と言えば、私はそこにある高層ビルのホテルで半年間、清掃スタッフとして働いていました。当時のスタッフは20代の中国人の方が多く、その時に30代だった私には、前半のベッドメイクの仕事では若い彼らの敏捷さにはとてもかなわないほどでした。 そんな、頭が回らず動きの遅い私を見かねてか(笑)、後半ではエレベーターによる客室のゴミ回収や、ホテル内のバー・レストラン・従業員室・結婚式場・ロビーなどの灰皿の回収や、床の掃除機による清掃などを、主に任されました。 非喫煙者の私には、これは相当の犠牲を伴う仕事でしたが、日本人のみならず中国人や韓国人など外国人の同業者とも日本語で会話が出来たのは、とても貴重な経験でした。 中国人就学生は、職場から近い七宮のシェアハウスに住んでいて、自転車や徒歩で通勤していました。 「新しい中世」の時代の、コンパクトシティにおける生き方を、彼らは教えてくれています。
考古学 · 17日 11月 2017
武家の大石氏の祖先と思われる、木曾義仲について、よく調べてみると清和天皇から臣籍降下した源氏では無く、阿知使主(あちのおみ)と共に帯方郡から来た渡来人が祖先なのでは? と思えて来ます。 奈良の飛鳥の檜前(ひのくま)地区に、阿知使主とその子の都賀使主(つかのおみ)が引き連れて来た東漢氏という集団が居住し、大石村主・危寸(きそ)村主・長野村主など、長野県にまつわる名前も見られます。 阿知使主の直系は坂上氏のようで、都賀使主の孫が東漢直駒という名前で、その系図を下ると桓武天皇による蝦夷征伐に派遣された坂上田村麻呂に行き着きます。 長野県の南側には阿智(あち)村があり、愛知(あいち)の地名と発音が似ています。また木曾地方には駒ヶ根や駒ケ岳があります。そして、武家の大石氏や木曾氏の拠点地でもありました。面白い事に、檜前の檜(ひのき)という漢字は、木+曾で成り立ちます。 また興味深いことに、木曾義仲という姓名の漢字の中には、曾我(=蘇我)という漢字も紛れ込んでいます。木曾冠者とか旭(朝日)将軍とも呼ばれた木曾義仲の祖先は、阿知使主が帯方郡や呉から織女と共に引率してきた渡来人かも知れません。
考古学 · 16日 11月 2017
聖徳太子は、近年では厩戸皇子や厩戸王と表記されるようになっているみたいですが、厩は馬小屋のことで、イエス・キリストの生誕を何となく思い起こさせます。 奈良の生駒の法隆寺や斑鳩(いかるが)寺は、私が今でも訪問したことのない場所です。明日香村の甘樫丘や、その近くにある蘇我入鹿の五輪塔のお墓参りや、橿原市の橿原神宮の参詣は行ったことがあります。 藤原(中臣)鎌足のお墓は、大阪府茨木市と高槻市の境あたりの、阿武山古墳にありますが、そこにも過敏症に罹る前の数年前に一度お参りに行きました。 天智天皇(中大兄皇子)と藤原(中臣)鎌足は、蹴鞠(今のサッカーのリフティングような遊戯)で出会ったとあります。 もし、中臣鎌足の父親が聖徳太子(厩戸皇子、厩戸王)であるならば、乙巳(いっし)の変で蘇我氏が滅ぼされた理由が掴めてきそうな感じがします。 聖徳太子は忍者のルーツでもあるらしく、大阪・四條畷の忍ヶ丘地区にある忍陵神社の主祭神が藤原鎌足ということの、この「忍」つながりも、また興味深いです。 なお、京都・山科の天智天皇の陵にも過去にお墓参りに行き、また滋賀・大津の近江神宮にも参拝に行っています。
ニュータウン再生 · 13日 11月 2017
手塚治虫の漫画作品『火の鳥』や『鉄腕アトム』など、まだ一部しか読んだことがなく、その膨大な作品の全ては読み切れていません。 が、地元の宝塚歌劇団の影響を強く受けている、ということは漫画作品の全体的な雰囲気で直観的に分かります。 近年は、兵庫県立芸術文化センターや阪急西宮ガーデンズや宝塚歌劇場等があるからか、関西の中でも阪神間の阪急の「西宮北口」駅周辺が、関西で住みたい街のランキング1位をずっと保っています。 アメリカ発のフリースクール、「サドベリースクール」も、西宮に校舎があります。私の弟も、こんな学校があれば、引きこもらずに通っていたかも知れません。 最近の考古学のニュースで、七夕の織姫のルーツがゾロアスター教の地母神とも言われる「女神ナナー」だと、生きている間に知れたのは、実に幸せなことでした。 自業自得で電磁過敏症に罹り、移動の自由をすっかり失っていますが、心の畑でこれまで殆ど耕されて来ななかった文学などの教養を深める、またとないチャンスでもあります。 昔から慢性的に肝臓を患っているので、50代まで生きられるか分かりませんが、文化人として創作品を遺せるように努めます。
ニュータウン再生 · 11日 11月 2017
「エンゲル係数」というものがあります。総支出に占める食費の割合のことで、これが低いほど生活水準が相対的に高いと言われます。 また、ググってみると「エンゲル係数」に引っ掛けて「エンジェル係数」というものもあるみたいです。 こちらは、子供に関係する費用全てが総支出に占める割合のことのようです。私の場合は子供時代、親から小遣いを他の子よりも明らかに貰い過ぎていたので、それが浪費癖につながってしまいました。 私の母はとても心配性だったので、友達と遊ぶ時の門限はとても厳しく、しかしお小遣いはとても甘いという、今から考えれば母は私に対して変なところで(厳しくすべきでないところで)厳しく、変なところで(厳しくすべきところで)甘かったように思います。 これを、「過保護・過干渉」というのかも知れません。日野富子と足利義尚の母子関係について大学時代に奇遇にも一般教養科目の学芸員課程で学んでいますが、室町時代も現代も、人間のする過ちはあまり変わっていないようです。 岡田尊司著『母という病』(ポプラ新書)という本があるみたいなので、また読んでみます。親と自立は精神的に深く関係する事だと思うので。
ニュータウン再生 · 07日 11月 2017
本業の画家や副業の作曲など以外の、左脳の理性を使わないことによる、若年性認知症の防止と、将来起こり得る社交・交流のために、一生続けられそうな趣味として、アナログ・ボードゲームの囲碁を始めようと思っています。 幻冬社から出ている「囲碁パズル4路盤」を購入しました。初心者なので、先ずは囲碁のルールをちゃんと覚えようと、小冊子を読んで学びました。幾つかある詰碁の問題にも、これからチャレンジします。 先日は駅前のショッピングセンターで、顔見知りのお婆さんと、少し話をしました。最近になって神戸に子育て世帯が沢山流入していますが、実は明石の方がもっと多いようです。淡路島が近いからかな? 定住が目的なのか、それともさらに徳島や高知とか姫路や岡山などへ移住するための一時的な足掛かりとしての移住なのかは、世帯毎にその考え方が違うのかも知れません。 23年前に大阪から神戸に移住して、ずっと定住している者として言えることは、神戸は空がとても綺麗だ、ということです。 こうした美しい空のある神戸の風土が、私の絵にも遠くの水平線まで見える雲として、しっかりと反映されています。
美術史 · 01日 11月 2017
一休宗純すなわち一休さんは、とんちの名人と言われていますが、詩や歌、書や絵も描いていたようです。 天皇家と藤原氏(日野家)のハーフらしいのですが、私も同類であり、それを知った時には、急に親近感が湧いてきました。 今の日本には、もちろんそのような子孫は私のみならず沢山いますが、このように「知る」という事は、心の世界を豊かにしてくれます。 近頃は、電磁過敏症がまたぶり返して来ているので、この辺で少し「ネット断ち」をいたします。この病気は、全人口の3〜4%が罹る病気と、確か神戸新聞に記事として書かれていました。 患者数が少ないからか、多くの人から中々にして理解してもらえませんが、心臓病に近いものと説明すると、ある程度は理解して頂けるようです。心臓にきたら、ネットから少し離れて休め、というサインだと思っています。 それはそうと、今日はいい天気で快晴でした。東の神戸港方面から西の垂水の高塚竜神社の方へ向かって、竜神雲が大きく横たわっているのが見られました。きっと、私に「ここにいるぞ」と姿を現してくださったのでしょう。 療養のため、ここで暫く更新を一休みします。
美術史 · 31日 10月 2017
今日は、ニトリで買った2つ目の本棚を組み立てて完成させました。 ニトリと言えば、私は20代の頃に派遣のアルバイトで、ポートアイランドのニトリの工場で働いていたことを、懐かしく思い出します。 夜勤で、終電ギリギリまで6時間ぐらい働いていましたが、その時の苦しい勤労の報いが、こうした形で神様からの楽しい贈り物として返って来たのかな、と思うと何とも感慨深いです。 本棚を追加購入したのは、これまでは本棚のキャパシティ、容量が少な過ぎて、本当はストックしてとっておきたい本を、泣く泣く断捨離してしまうことが、これまでに度々あったからです。 やはり本棚は、自分にとって「ときめく」はずの大切な本まで断捨離してしまわない為にも、ある程度の大きさはあった方がいいな、と思います。また、CDやDVDやその他の物置にも使えます。 同じポートアイランドにある、同業者のイケアのカタログ冊子も毎年届きますが、「やっぱり自分の家が一番」というキャッチコピーは、よく出来ているな〜と感心します。 来年は、手帳を「ほぼ日手帳」にします。時間毎にスケジュールが書き込めるので使い善いです。

さらに表示する